荻野屋 弦について

slide-gen_2

「弦」に込めた想い

「弦」は、高架下、レンガのアーチ(弓)状の下の部分である弦の部分に由来します。
この弦には「ツル」の意味もあり、荻野屋の新しい取り組みが
多方向に伸びていく意味も込められています。

コロナ禍で群馬・長野地方に足を運ぶ機会が少なくなっている中で、群馬・長野と東京を結ぶことをテーマにしています。
昼は、丸の内周辺で勤務されている方へ、荻野屋の伝統的なお弁当と有楽町ならではの新しいお弁当を提供いたします。
夜は、群馬県・長野県の食材を使用した料理や地酒、荻野屋の弁当惣菜を中心とした立ち飲みの業態となります。
仕事終わりの人たちの寛ぎの場として、また会食前のちょっとした時間に軽く一杯飲めるようなアペリティフ的な位置づけとご利用いただけるお店としました。

 店内 

 提供料理 

※写真はイメージです。