できたての温かいお弁当をお届けしたい・・・

株式会社荻野屋は1958年に駅弁「峠の釜めし」の販売を開始いたしました。
「冷えた幕の内弁当」が駅弁の常識だった時代に、温かいままお客様に手渡される
峠の釜めしは、多くのお客様に驚きと感動を与え、60年以上経った今でも愛され続けております。
お客様に長年ご愛顧いただき、現在、都内で開催される駅弁大会や東京駅などで
峠の釜めしを販売させていただいておりますが、
地理的な制約から「できたての温かいお弁当」を、お客様に手渡すことが難しい状況でした。

荻野屋の原点である「できたての温かいお弁当」を
都内のお客様にお届けしたい・・・

その想いを形にしたのが工場併設型店舗「荻野屋 八幡山」です。


新着情報

 お弁当配達

出来立てを配達いたします

 店舗所在地