峠の釜めし誕生秘話

峠の釜めし誕生秘話

お客様の笑顔が見たいという想いから

1885年(明治18年)の信越本線横川駅開業とともに、高見澤仙吉が創業した荻野屋は駅構内で旅客に対して、お弁当やお菓子など様々な商品を販売していました。

しかし、二度の大きな世界大戦により時代が大きく移り変わり、戦後復興の波に乗れない中、高崎駅と軽井沢駅という大きな駅に挟まれた山間の駅「横川駅」は乗降客数も少なくなり、荻野屋の経営状況は決して芳しいものではありませんでした。

お客様の声に耳を傾ける

3代目一重が若くして急逝し、その妻である髙見澤みねじは、1953年(昭和28年)に4代目社長に就任します。現状を打破するために「お客様に本当に喜ばれる特色のある駅弁」の開発を決意しました。生来、人の喜ぶ顔が大好きだったみねじは、お客様に喜ばれる弁当を作れば、必ず売れるはずだという想いがあったのです。

自ら毎日駅のホームに立ち、旅客一人ひとりに「どんなお弁当がお好みですか?」と聞いて回りました。その結果「温かくて、家庭的なぬくもりがあり、見た目も楽しいお弁当」をお客様が望んでいるという答えにたどりつきました。

常識を打ち破り
「温かい弁当」を形にする

冷えた幕の内弁当が駅弁の常識だった時代に、新しい駅弁を開発することは並大抵の努力ではできませんでした。しかしみねじは決して諦めずに、何とかお客様のご要望を形にしようと、数え切れない試行錯誤を繰り返した結果、1957年(昭和32年)に当時の駅弁の常識を覆した「峠の釜めし」を誕生させたのです。

受け継がれ続ける想い

販売開始当初は思ったように販売数が伸びませんでしたが、お客様の口コミやメディアに取り上げられたことにより、徐々に販売数を伸ばし始め、昭和天皇陛下へ献上するという大変な栄誉を授かり、やがて全国的な知名度を得るまでに至りました。

現在は横川駅をはじめ軽井沢駅や東京駅、群馬県・長野県のドライブイン・サービスエリアなど販路を拡大しておりますが、髙見澤みねじが峠の釜めしに込めた想いは、脈々と受け継がれています。

ギャラリー

ja日本語